生活習慣病とは

食べ過ぎや偏食などの食生活、運動不足、喫煙、過度の飲酒、ストレスなど、主に長い間の生活習慣が原因で起こる疾患の総称です。 代表的なものに高血圧、糖尿病、高脂血症 (脂質異常症)があります。 また、これらの原因には生活習慣以外に遺伝的な問題も関係しています。

【生活習慣病はなぜ怖いのか?】

これらの疾患は自覚症状がほとんどないため、放っておくと気づかないうちに動脈硬化が進み、脳や心臓など全身の血管にダメージを与えていきます。そしてある日突然、脳出血・脳梗塞といった脳卒中や心筋梗塞など、命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあります。そのため、生活習慣病はサイレントキラー (沈黙の殺人者)と呼ばれています。

生活習慣病

生活習慣病の治療の目標は?

脳卒中や心筋梗塞などの合併症を起こさずに健康的な日常生活を過ごし、健康寿命を延ばすことです。

当院では、血圧・ 血糖・コレステロール値が気になり始めた方から、本格的に高値が続く方まで、それぞれにあった解決策をご説明し、治療方針を決定していきます。食事運動療法の指導や内服治療、糖尿病に関しては、在宅自己インスリン注射を含めた治療も行っています。

具体的な苦痛がなくても、不安や違和感がある方は、一度きちんと検査を受け、ご自身の状態を確認されることをお勧めいたします。

そのうえで、治療として、使用する薬と生活習慣の改善について、個別に相談し、一緒に治療していきましょう。

参考:
厚生労働省 e-ヘルスネット 死の四重奏(しのしじゅうそう)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-031.html