気管支喘息

気管支喘息の原因は、

①気道の炎症

②気道の狭窄

であり、症状がないときでも慢性的に続いています。そのため治療としてはこの炎症を抑える薬を毎日継続して使用することが基本となります。炎症が起きている気道は刺激に対して敏感になっている(気道過敏性)ため、正常な気道なら何ともないわずかな刺激でも反応して気道が狭くなり、咳をしたり息苦しくなったりします。

喘息は気道の慢性的な炎症が原因で起こる病気

喘息は気道のイメージ

喘息の症状

こういった症状がある方は受診をお勧めします。

  • 咳(とくに夜間から朝方にかけて)
  • 息苦しい(とくに走ったり運動した後)
  • 呼吸時にゼーゼー・ヒューヒューという音(喘鳴)が出る

気管支喘息の検査

肺機能検査のページへ】【呼気NO検査のページへ

喘息治療の目的

喘息を治療するために重要なこと

  • 症状がない状態をいかに続けるかが重要です。
  • たとえ軽くても、症状が残っているということは治療が完全ではないということです。
  • 『症状がゼロ』というのは、刺激(風邪、花粉症、ダニなどのアレルゲン、タバコの煙など)をうけても症状が出ない状態をいいます。

    喘息は気道のイメージ

  • そのためには、症状を抑えるだけではなく、症状がなくても、原因である気道の炎症を抑える治療を継続することが大切です。

気道が過敏になっている状態のイメージ

※毎日治療を継続し、症状を予防することが大切です。虫歯をつくらないために毎日歯を磨くことと同じことです。

一緒に喘息治療の目標に向けて治療していきましょう。

ステロイドは怖いお薬なのか???

患者様のなかには、「ステロイドは怖いお薬」というイメージをお持ちの方もおられます。

ステロイドには飲み薬、注射薬、吸入薬などがありますが、治療で使用するのは基本的に吸入ステロイド薬になります。

吸入のステロイドは、飲み薬・注射と比べて、副作用も弱く、対策も可能です。

吸入ステロイド薬

特徴

  • ・症状が出ないように毎日継続して使用する
  • ・気道に直接作用する
  • ・主な副作用としては、口腔カンジダ症、声がれ、のどや口腔内の違和感などといった局所の副作用がある
    (うがいによって軽減することができる)
  • ・薬剤の特徴として、局所に抗炎症作用を示す。 また、比較的少ない量で使用される

吸入ステロイド薬では、口腔カンジダ症、声がれ、のどや口腔内の違和感といった局所の副作用がありますが、吸入後、うがい・もしくはお水を飲んでいただき予防していただくことができます。副作用も弱く、対策も可能ですので、怖がらなくても大丈夫です。

また、飲み薬・注射薬もありますが、症状が強い方や、発作時などの使用になります。

飲み薬/注射薬のステロイド

特徴

  • ・症状悪化時に使用することが多い
  • ・全身に作用する
  • ・主な副作用としては、感染症、消化器症状などがある
  • ・長期で使用すると、副腎皮質抑制、骨粗鬆症、白内障などが起こることもある