糖尿病とは?

糖尿病は、インスリンの分泌が悪かったり働きが低下しているため、血液中のブドウ糖の値 (血糖値)が高くなる病気です。

日本人の糖尿病は年々増え続けており、およそ4人に1人が糖尿病または糖尿病予備軍であるといわれています。

糖尿病の種類は大きく分けて、インスリンを作る膵臓の細胞が破壊されるために発症する1型糖尿病と、
遺伝的な要因に肥満や過食などの環境因子や加齢が加わり発症する2型糖尿病があります。日本では糖尿病患者の95%以上が2型糖尿病です。
(その他にも特定の原因や病気により起こる糖尿病や、妊娠が原因で起こる糖尿病もあります。)

診断基準と流れ

糖尿病型

検査

糖尿病は何がこわいのか

糖尿病の初期には自覚症状はほとんどありません。しかし、糖尿病は気づかないうちに進行しており、自覚症状が現れたときには、かなり病気が進んでしまっています。血糖値が高い状態が続くことで、気づかないうちに全身の血管が障害され、さまざまな合併症を引き起こします。糖尿病の主な合併症は以下のとおりです。

●糖尿病の自覚症状

・トイレが近く、尿の量がおおくなった
・のどが異常にかわく
・だるい、疲れやすい
・食べているのに体重が減った
・手足がしびれる

糖尿病の合併症

糖尿病の合併症例

糖尿病の治療の目標は?

脳卒中や心筋梗塞などの合併症だけでなく、網膜症・腎症・神経障害といった合併症の発症・進展を予防し、健康な人と変わらない日常生活を送れるようにすること、健康寿命を延ばすことです。糖尿病の合併症では、極端な例では失明や人工透析などにより日常生活に制限の伴う不健康な期間が延び、平均寿命と健康寿命の差が拡大します。

この治療目標を達成するために、年齢や健康状態、社会的背景に応じて個別に血糖コントロール目標を設定し、治療を行います。
糖尿病の治療の基本は食事療法、運動療法です。それでも血糖値が下がらない場合には、薬物療法を行います。
糖尿病は自覚症状がなくても合併症が進行していくので、進行を防ぐためにも診断後は早いうちに治療を開始し、継続することが大切です。

高齢者でない方

血糖コントロール目標

高齢者の方

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標

●血圧および血中の脂質にも注意

脳卒中や心筋梗塞などの合併症を予防するためには、血糖値をコントロールするだけでは不十分です。同時に血圧や脂質もあわせて管理することが大切です。

その他のコントロール指標さらに喫煙もリスクとなるため、禁煙を心がけましょう。