脂質異常症(高脂血症)とは???

脂質異常症(高脂血症)は、血液中の脂肪分が増えすぎて、血液がドロドロになっている状態です。少しずつ血の巡りが悪くなり、やがて血管に影響を与えて動脈硬化を引き起こし、最終的には心筋梗塞や脳梗塞など、死につながる恐ろしい病気を引き起こします。

生活習慣・食習慣に起因する病気ですが、まったく自覚症状がなくなかなか気づきにくいため、治療をしないまま、知らない間に動脈硬化が進行している人が多いです。心臓病や脳卒中が起きてから、初めて重大な病気にかかっていたと気づく人も少なくありません。

そのため、定期的に検査を受け、症状が重くなる前に受診することが必要です。

脂質異常症

脂質異常症になりやすい人

食べすぎや飲みすぎなどのよくない食習慣や、運動不足、それらによる肥満、精神的ストレスなどがある方は、脂質異常症になりやすいです。

診断にあたっては、検査で血液中のコレステロール値を計測します

コレステロールは体の細胞をつくる重要な成分です。複数の種類がありますが、いずれも、血液の中で多すぎても少なすぎてもいけません。バランスがとても重要です。

診断基準と危険因子

血液の検査を行い、血液中のコレステロールなどの数値を測ります。
生活習慣や他の症状などから、個別に状態を把握し、治療方針を立てます。

診断基準

危険因子

治療にあたっては、患者さん個々の状況を勘案して、治療目標を設定します。

治療目標

治療内容は、生活習慣の改善、食事の種類やカロリー/塩分の節制、喫煙のコントロール、アルコール摂取量のコントロールなど、個別に検討していきます。

ご不安になられることもあるかもしれませんが、きちんと検査をし、丁寧にご説明し、一緒に治療していきますので、お気軽にご相談ください。