長引く咳(咳喘息、ほか)

  1. トップ
  2. 診療案内
  3. 呼吸器
  4. 咳喘息

長引く咳(咳喘息、ほか)

発症後3週間以上持続する咳嗽(遷延性・慢性咳嗽)を「長引く咳」と呼びます。

そもそも咳嗽の多くは感染症に端を発するもの(感染性咳嗽)ですが、とくに発症後8週間以上継続して症状が続く場合には、慢性咳嗽と呼びます。感染症そのものが原因となることは稀となり、以下のような原因を考えます。

慢性咳嗽を引き起こす原因としては、

  • 咳喘息
  • アトピー咳嗽
  • 胃食道逆流症
  • 慢性気管支炎
  • 間質性肺炎
  • 喫煙・COPD(慢性閉塞性肺気腫)
  • 気管・気管支結核
  • 後鼻漏(上気道咳症候群)
  • 副鼻腔気管支症候群
  • 肺癌
  • 気管支喘息
  • 感染後咳嗽(百日咳・マイコプラズマなど)
  • 薬剤性
  • 心因性

など様々な原因が考えられます。中でも咳喘息は慢性咳嗽の原因として最も頻度が高い疾患です。

これらはそれぞれ原因が異なりますので、原因を突き止め、それぞれの原因ごとに適切な治療を行わなければなりません。また、原因疾患が2つ以上合併していることも多く、そのような場合には診断・治療に難渋することもあります。

様々な症状や検査の結果から、これらのどの問題が原因で咳が起こっているかを丁寧に絞り込んで診断していきます。