睡眠時無呼吸症候群

  1. トップ
  2. 診療案内
  3. 呼吸器

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることで酸素不足に陥ることを繰り返し、日中の眠気や起床時の頭痛などの症状を発症するだけでなく、心・血管系疾患(高血圧、心筋梗塞、不整脈、脳卒中など)の合併症を引き起こす病気です。

睡眠時無呼吸症候群になると酸素欠乏状態に陥り、少ない酸素を全身へ送るため、心臓や血管に負担がかかります。この状態が長く続くと、様々な生活習慣病の合併症を引き起こす可能性があります。
また、日中の眠気のために、集中力・記憶力の低下、生産性の低下を招くばかりでなく、交通事故や災害事故を起こす危険性が高くなります。

ご自身、もしくは配偶者の方について、「もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれないけど、たいしたことないかもしれない・・・」と悩んでおられるものの、お仕事が忙しく休みを取って専門医療施設を受診されるのはハードルが高い方もおられると思います。そういった方でも、お気軽に当院を受診なさってください。適切に診断・治療をいたします。

睡眠時無呼吸症候群の症状

以下の症状が気になる患者様は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。このような症状がある場合は、早めに受診されることをおすすめします。

昼間の症状
・日中の眠気
・集中力、記憶力の低下
・全身のだるさ
・起床時の頭痛、頭重感

夜間の症状
・いびきと無呼吸状態
・不眠症
・夜間頻尿
・寝相が悪い

睡眠時無呼吸症候群の原因

閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の原因

 

いびきは、睡眠時に空気の通り道である喉(のど)が狭くなり、そこを空気が通る際に喉の壁が振動することで生じる音です。つまり、「いびきをかく」ということは、呼吸のための空気の通り道「気道(きどう)が狭くなっている」という証拠といえます。

気道が狭くなる理由は?
健常者であっても、仰向けで寝ると重力により舌や軟口蓋が落ち込むため、気道が狭くなります。また、睡眠時はのどの周囲の筋肉もゆるみがちになります。
ここからさらに、①筋力の低下、②舌が重い、③顎が後退している、扁桃肥大がある、軟口蓋が長い(形態的問題)などの理由で、気道が塞がったり狭くなります。また、④口呼吸をしていると舌が落ち込みやすくなります。

◆健常人の気道
睡眠中は重力により、軟口蓋、舌根、咽頭蓋が下がり、気道は狭くなります。

◆OSAS患者さんの気道閉塞
鼻やのどに何らかの異常があると、気道が狭くなり、睡眠時には気道がふさがり呼吸ができなくなります。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査などの流れ

簡易検査
入院不要の検査で当院にて検査可能です。ご自宅で指先センサと呼吸センサをつけて血液中の酸素と呼吸の検査を行います。

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査;専門の検査施設で入院が必要な検査です。実施している近隣医療機関へ当院よりご紹介する形となります。
脳波や筋電図などさまざまなセンサを装着するもっとも精密な検査です。

どんな治療をするの?

・生活/睡眠習慣の改善
・CPAP療法(持続陽圧呼吸療法)
・マウスピースによる治療(歯科領域の治療)
・手術による治療(耳鼻咽喉科領域の治療)

CPAP療法とは
CPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)はCPAP装置からホース、マスクを介して処方された空気を気道に送り、常に圧力をかけて気道が塞がらないようにする治療法です。睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、OSASによる症状を改善することが期待されます。CPAPは治療効果が高い治療法で検査を行い一定の基準を満たせば健康保険の適応になります。

CPAP療法の効果
1.睡眠中の無呼吸やいびきの減少
2.睡眠の質の向上、日中の眠気の解消
3.低酸素状態の改善による起床時頭痛などの解消
4.心血管系疾患の予防、予後の改善

外来受診後の流れや費用について

◆簡易検査(SAS検査):約3,000円(※3割負担の方の場合)
呼吸や血中の酸素の状態などで測定し、睡眠呼吸障害の程度を求めます。当院ではご自宅での簡易検査を行っております(専門業者への委託による)。健康保険適用で、3割負担の方の場合は約3,000円です。

◆CPAP治療費
簡易検査の結果、「睡眠時無呼吸症候群」と診断された方は健康保険でCPAP治療を受けることができます。費用は、3割負担の方の場合は1カ月あたり4,500円です。

◆その他の費用
鼻づまりなどの症状に対し、スプレー薬などを処方する櫃ようがある方は、処方せん料などが追加で発生します。

◆通院について
CPAP設置後は、毎月1回の通院をお願いします。CPAP圧が合っているかどうか、不具合がないか、体重の増加はないかなどを伺いながら指導を行います。CPAP機器の持参は不要です(機器の種類によっては、解析のために来院時にデータカードの持参をお願いする場合がございます)。 もしも具合が悪いときは、随時ご来院ください。

※2018年4月時点の情報です。
※その他医療行為等ある場合、追加費用が発生する場合がございます。