熱中症とは

暑熱環境下においての身体適応の障害によって起こる状態の総称です。
「暑熱環境にさらされた」という状況下での体調不良はすべて熱中症の可能性があります。
屋内・屋外を問わず、高温や多湿等が原因となって起こり得る熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。また、適切な応急処置により重症化を回避し後遺症を軽減することもできます。

熱中症を引き起こす可能性

熱中症の主な要因

熱中症になる要因には、環境要因・身体要因・行動要因の3つがあります。

環境要因

熱中症 環境要因

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 閉め切った室内
  • エアコンがない
  • 急に暑くなった日
  • 熱波の襲来

身体要因

熱中症 身体要因

  • 高齢者、乳幼児、肥満
  • からだに障害のある人
  • 持病(糖尿病、心臓病、精神疾患等)
  • 低栄養状態
  • 脱水状態(下痢、インフルエンザ等)
  • 体調不良(二日酔い、寝不足等)

行動要因

熱中症 行動要因

  • 激しい運動
  • 慣れない運動
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給がしにくい

熱中症の主な症状と対処法

熱中症重症度Ⅰ

分類 症状 医療機関への受診と対処方法
Ⅰ度 ・めまい
・立ちくらみ
・生あくび
・大量発汗
・筋肉痛、こむら返り
・手足のしびれ
・気分の不快
通常は現場で対応可能。
症状が改善しなければ、医療機関を受診して下さい。


・冷所での安静
・衣服をゆるめて体表を冷却
・経口での水分とナトリウム(塩分)の補給

熱中症重症度Ⅱ

分類 症状 医療機関への受診と対処方法
Ⅱ度 ・頭痛
・吐き気、嘔吐
・倦怠感
・虚脱感
医療機関を受診して下さい。

・体温管理
・安静
・十分な水分とナトリウム(塩分)の補給
※経口が無理な場合、点滴を行います。

熱中症重症度Ⅲ

分類 症状 医療機関への受診と対処方法
Ⅲ度 ・意識障害
・けいれん
・手足の運動障害
・高体温
救急車(119)を呼んで下さい。

到着するまでの間に応急処置を始めましょう。

熱中症を予防するために

生活上の注意点

  1. 外出時はできるだけ直射日光を避け、無理をせずに適度に休憩をとりましょう。
  2. 室内でも部屋の温度を確認し、エアコン・扇風機を上手に使いましょう。
  3. 体を締め付けない涼しい服装で、帽子など日よけ対策をしましょう。
  4. 喉が乾いていなくても、こまめに水分・塩分補給をしましょう。
    ※ペットボトル症候群にご注意ください。
  5. 体力や体調を考慮しましょう。
    ・しっかり睡眠・食事をとるように。
    ・下痢や二日酔いの日は特に注意を。
  6. 急に暑くなる日は特に注意しましょう。

※ペットボトル症候群について
スポーツドリンク、炭酸飲料やジュースなど、「清涼飲料水」には、一般にペットボトル1本(500ml)あたり10~15個前後(30~60g)の角砂糖が含まれています。一般的に成人の一日の糖分摂取量目安は25g程度ですが、500mlの清涼飲料水を1本飲めば、1日の必要摂取量を超えてしまうことになります。スポーツドリンクの飲み過ぎによる糖分の過剰摂取で、吐き気、腹痛、意識がもうろうとするなどの症状を起こすことを、「ペットボトル症候群」と呼びます。過剰摂取した糖分を体が処理しきれなくなることによって起こるもので、10代から20代の人によく起こる症状で、注意が必要です。