呼吸器内科

呼吸器系の身近な病気としては、風邪、急性気管支炎、肺炎、咳喘息、気管支喘息などがあげられます。その他にも、肺気腫(COPD)、慢性気管支炎、肺がん、肺結核、間質性肺炎、睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな病気が考えられます。

症状について

以下の症状が気になる患者様は、呼吸器に異常があるかもしれません。このような症状がある場合は、早めに受診されることをおすすめします。

  • 咳がとまらない、長引く
  • 咳をするとゼーゼー言う
  • 歩いたり坂道を登ったりすると息がきれる
  • 痰がからむ、切れない
  • 胸が痛い
  • 痰に血が混じる
  • 寝ているときにいびきがひどい。息が止まると言われた
  • レントゲンで影があると言われた

肺のイメージ

早めの受診が必要な理由

呼吸器疾患では、咳ひとつとっても、単なる風邪による咳から、喘息、さらには死に直結する肺癌や心臓病による咳まで幅広い原因が存在します。

治療期間も、数日・数週間で症状が軽くなる「急性疾患」から、数か月・数年間に渡って治療を受ける必要がある「慢性疾患」まで幅広くあり、注意が必要です。

「単なる風邪だと思っていたら、実は喘息だった」というケースや、「咳が長く続いているだけ」という軽い認識で受診せずにいたところ咳の背景が「肺癌・慢性気管支炎・肺気腫」といった命に係わる疾患で進行してしまっていた、という場合もあります。

「万が一」を回避するにこしたことはありませんので、適切な検査により早期の発見と治療開始を行うことが望ましいです。

少しでも異常を感じられたら、当院までお気軽にご相談ください。

どんな検査をするの?

胸部X線撮影・肺機能検査・呼気NO検査・喀痰培養・細胞診・細胞分画・その他一般検査などを行います。

日本呼吸器学会 「咳嗽に関するガイドライン」より
咳嗽に関するガイドラインに関してのホームページ
咳嗽に関するガイドライン

どんな治療をするの?

必要に応じてお薬を服用していただきながら治療します。特殊な感染症やアレルギー性の咳など、原因は必ずしも風邪とは限らないため、お薬を服用しながら経過を観察し、必要に応じて薬の種類を切り替えていきます。