禁煙外来

禁煙したくてもなかなか成功できないことありますよね。これはあなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。このような喫煙習慣は“ニコチン依存症”とよばれ、治療が必要な立派な病気とされております。
喫煙は、喉頭がんや肺がんなどの悪性腫瘍や、肺気腫やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの呼吸器疾患の要因になるだけでなく、狭心症や心筋梗塞・脳卒中などの動脈硬化性疾患の発症リスクを大幅に高めます。

健康保険適用の要件

保険適用による禁煙治療は、以下の条件を全て満たした喫煙者の方がどなたでも受けられます。

  • ①禁煙セルフチェックシートでニコチン依存症と診断された
  • ②問診のブリンクマン指数(1日の喫煙本数×年数)が200以上
    (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
  • ③直ちに禁煙することを希望している
  • ④禁煙治療についての説明を受け、治療を受けることを文書により同意している
  • ⑤過去1年以内に保険診療で禁煙治療を受けていない。

禁煙治療のスケジュール

禁煙治療は、治療前の問診・診療において、禁煙治療のための条件を確認してから、12週間(計5回)を1クールとして行ないます。